sakakki
http://sakakki.blog46.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ハプニング&不思議発言
2008-07-27 Sun 22:46
昼から息子ちゃんと、自分の実家へ遊びに行く。
あいにく、息子ちゃんのじいちゃんとばあちゃん(僕のオトンとオカン)は
稲の消毒の為、しばし、とうちゃんと二人遊び。

ひいじいちゃんの隠居からすこし昇り階段を上がると、鯉を飼ってるので、
エサぽいっに行く。
息子ちゃん、この鯉ちゃんにエサぽいっするのが大好きで、
ちみちみと、一個ずつ
「エサぽいっ!!」
って言いながら、エサを投げる。

この前、水が漏れていて、自慢の金鯉がえら呼吸を止めて瀕死の状態やったけど、
奇跡的に復活し、すいすいと泳いでました。

エサをやってる間に
91歳になるひいじいちゃんが、
ひ孫の姿を見に急な階段を歩いて来た。

ハプニングはその後、起こった!!

一通り、エサをやり終えると、
ひいじいちゃんを先頭に階段をおりていこうとしたら・・・・

でっかい声で

「ひいいいぃぃぃ!!」

と、叫びながら、ひいじいちゃんが、階段で足を踏み外し、
下へ転げていく!!

まずい!!頭を打たないように助けなくては!!
っと思い、前に回りこもうとし、なんとか右腕をつかんだが・・・
僕の右腕は息子をだっこしていてて、とっても危険な状態。

とりあえず、ひいじいちゃん助けないとって必死やってんけど、
ひいじいちゃん、うまいこと転げて、良かったと思ったら、
腕を持って助けた反動で、
僕は両膝をおもいっきしぶつけた!!

もっとビックリが、右腕でだっこしてた、息子の後頭部を
モロにひいじいちゃんの隠居の壁にぶつける!!
めっさ大泣きしそうな顔をした息子だが、
ひいじいちゃんが転んだのにビックリしてたのか、
泣かずに耐える。

「じいちゃん、ケガないか?頭打ってない??」

と聞くが、耳が遠いので、もいちど、耳元で大声で訪ねる。
そしたら、なんともないとのこと。

息子もおもいっきし、壁に頭をぶつけたのに、
奇跡的にそんなたんこぶにもなっていない。

唯一、ケガしたのは、僕の両膝(笑)

なんとか落ち着き、ひいじいちゃんに話しかけると、

「階段は気をつけなって近所の人言うてくれたから、
 階段歩く時は、気をつけてって一人事いつも言うたんやけどなあ・・
 
 まあ、高校の時、柔道習ってるから、受け身は大丈夫や」

とのほほーんとした解答(笑)
こっちは、必死やったっちゅうねん(笑)

息子ちゃんが、不思議発言連発。

「ひいばあちゃん、こまった」

って何回も言うのです。

ってひいおばあちゃんは、もう、1年半くらい前に亡くなってるのに・・・

もしかして、盆近くやから、早くこっちに来ていて、
今回のハプニング、ひいじいちゃんと息子を護ってくれたかもしれんのかな。

確かに一つ間違ってたら、ひいじいちゃん、えらいケガしてたと思うしね。

僕は、速攻で、仏壇の前で
「ばあちゃん、ありがとう」って言ってきました



スポンサーサイト

別窓 | ジュニアちゃん | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<丁子屋 | sakakki見聞録 | おとうちゃん>>
この記事のコメント
#358
>cocoさん
おばあちゃんのおかげやと思うわあ!
ホンマ(笑)

ヤッホーポイント行って来たん??
すごーい!!
坂とか大変やった思うんやけど!!
元気な赤ちゃん産まれるよ!!
2008-07-28 Mon 20:48 | URL | sakakki #-[ 内容変更] | top↑
#357
それはきっとばぁちゃんのおかげや思うょv-510
でもsakakkiのじぃちゃんと言えば『リポD』を思い出すわぁ(笑)
ばぁちゃんだったっけ?なんにしても息子ちゃんもじぃちゃんも無事で良かったv-218
それから昨日、妊娠後期に入ったというのに、ヤッホーポイント行ってきましたv-511
めっさ暑かったけど、やっぱ山っていぃね~。思いっきり叫んできたょv-237
2008-07-28 Mon 19:33 | URL | coco #Qi8cNrCA[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| sakakki見聞録 |
copyright © 2006 sakakki見聞録 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。